第13回有鄰館演劇祭 蔵芝居’21は中止になりました。
楽しみにしてくださっていたみなさま、申し訳ありません。

第13回有鄰館演劇祭 蔵芝居’21 参加作品
10月10日(日)
桐生市有鄰館
脚本・演出/腹筋善之介

チケット発売日は8月中を予定しております。
さらなる情報公開を、今しばらくお待ちくださいませ。

■COVID-19等の影響により、公演時間の変更や公演を中止する場合もございます。
 ご来場の際には、有鄰館演劇祭、または当webサイトやIQ5000のTwitter等で最新の状況をご確認ください。

【物語】

第二次世界大戦が終わり、国をあげて経済復興にまっしぐらな日本のとある田舎町。
一人の青年が探偵事務所を開く。彼は、相談に来るお客の深層心理を紐解き、根幹にある問題を見つけ出し解決するという。人は、その青年、城垣慎吾を夢探偵と呼ぶ。

第1話は遺産相続が絡んだ長野県の大地主の殺害事件。警察から依頼された迷宮入り事件の真相を解くため、慎吾の特殊な能力が信じられない過去の産物を呼び起こしてしまう。地方に残るオジロク・オバサたちの、現代では考えられない奴隷制度の恐ろしさを暴くこととなる。
第2話は、和歌山県のとあるキャンプ場での依頼。色白な女性が突然現れ、自分の燃え盛る怒りの炎を消し去ってほしいと依頼される。その女性の深層意識に入り込んだ慎吾は、紀州道成寺に伝わる安珍・清姫伝説のような恐ろしい執念を暴くこととなる。
第3話は、蕎麦を育てる農夫の家に伝わる韃靼の剣が夜な夜な泣くような音を出す、という依頼を受ける。

【日時】2021年10月10日(日)午後1時

※受付開始・開場は開演時間の30分前

【会場】

有鄰館 酒蔵
群馬県桐生市本町2丁目6-32

【出演】

大友美香子 ドン・タクヤ 渡部愛
キタタカシ 吉田憲章
腹筋善之介 他

【スタッフ】

照明/島田康和(S.P.C) 音響/齋藤瑠美子
宣伝美術/佐藤ホームラン
制作/昜田隆昌(THE 黒帯) オフィスIQ5000
協力/S.P.C THE 黒帯
企画・製作/オフィスIQ5000

主催/桐生市・桐生市有鄰館運営委員会
主管/第13回有鄰館演劇祭実行委員会

【チケット】

(税込)

<蔵観劇チケット>
前売のみ 3,000円 
※当日券はございません。
※席数限定のため、早期に販売終了する可能性がございます。
※アフタートーク付

<配信チケット>
リアルタイム配信 3,000円
※公演当日もご購入できます。
アーカイブ配信 3,000円
※公演終了後もご購入できます。

★リアルタイムとアーカイブの違い
リアルタイム配信のチケットをご購入のお客さまは、特典のアフタートークがご覧になれます。
アーカイブ配信のチケットをご購入のお客さまは、後日、作品本編のみご視聴いただけます。


文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業


演劇祭web
演劇祭Facebook
演劇祭Twitter